レースゲームというと「GRAN TURISMO」が思い浮かびますよね。でも、あれは忘れてください。おわらサーキットは、超リアルシミュレーター「Assetto Corsa」用に開発しました。これまで10種類以上の本格シミュレーターを試しましたが、タイヤの質感まで感じられるほどリアルなソフトです。アセットコルサへの愛はこちらの記事で語っているので、気になった方は目を通してみてくださいね。


必要なもの

金沢のレースシムショップ「Pista」さん

まずは、必要なものを揃えましょう。

  • ゲーミングパソコン
  • モニター
  • ハンドルコントローラー
  • ヘッドフォン
  • Assetto Corsa
  • おわらサーキットMOD

ひとつずつ解説していきますね。


ゲーミングパソコン

まずはパソコンが必要です。アセットコルサにはPS4版もありますが、あれはもはや別物です。PC版を買いましょう。アセットコルサは2014年発売のソフトなので、デフォルトの状態であればそこまでハイスペックなPCは必要ありませんが、追加コンテンツを入れたり高画質で楽しみたいという方は、ある程度のスペックが必要になります。ある程度というのは、設定によって変わってくるので一概には言えないのですが、次のスペックを参考にしてみてください。

最低限で遊びたい

  • OS:Windows 7以上
  • CPU:第7世代Intel Core i5以上
  • GPU:GeForce GTX 1060 6GB以上
  • メモリ:16GB以上

このスペックであれば10万円台前半で購入できます。中古なら5万円前後で手に入れることもできそうです。

快適に遊びたい

  • OS:Windows 7以上
  • CPU:第7世代Intel Core i7以上
  • GPU:GeForce GTX 1080 6GB以上
  • メモリ:32GB以上

4K画質でプレイしたり、首都高などの複雑なコースでオンラインプレイをする時などはハイスペックなPCが必要になります。10万円台後半を目安に探すといいでしょう。


モニター

モニターはアスペクト比16:9で27インチ以上がおすすめです。小さいモニターだと迫力に欠けるほか、コースが見えづらくなってしまいます。横長のウルトラワイドモニターもおすすめですが、解像度が高くなるとPCのスペックが必要になってくるので注意が必要です。

ちなみに自分はこのモニターを使っています。


ハンドルコントローラー

そして大事なのがハンドルコントローラー(以下、ハンコン)選びです。ハンコンの良し悪しでドライブフィーリングが大きく変わってきます。評価がいいのはSIMUCUBEFANATECというメーカーのものですが、一式揃えようと思うと数十万円コースです。さすがに最初からそこまでの費用をかけられないと思うので、安価でおすすめのものを紹介しますね。

Thrustmaster T300RS(コスパ最強の超おすすめ機種)

50,000円前後と少々値が張りますが、最上位機種に負けないスペックです。これまでいろいろな機種を使いましたが、もう全然違う。悩んだらこれ一択です。ただし、ペダルが軽いのだけが残念な印象。実車の感覚でブレーキを踏むとタイヤロックしてしまいます。とはいえ、慣れればペダルの踏み具合を微妙に調整できるのでメリットでもあります。どうしても気に入らなければペダルだけ別の機種にするという選択肢もありです。

Logicool G29(バランスよく楽しみたい人に)

入門用としては最も人気があり、バランスの取れたハンコンです。ボタンも多く、カスタマイズがしやすいです。Playstation4、Playstation5にもそのまま使えるのもポイント。ブレーキペダルは賛否が分かれるのですが、半分踏み込んだあたりから急に固くなります。フルブレーキングとの使い分けがしやすい一方で、細かい調整が難しい印象です。また、モーターのパワーが弱く、セルフステアが遅いので、実車ドリフト経験者は違和感があるかもしれません。

Logicool G27(コスパ重視)

すでに廃盤となっていますが、メルカリやヤフオクで20,000円以下で手に入ります。このモデルの特徴は、Hパターンのシフターがついていること。シフターの入り方はおもちゃっぽい感じですが、それでもシフターがあるだけで実車感が増します。ハンドルのフィーリングもよく、ブレーキペダルもちょうどいい硬さです。ハンドルのボタン配置だけが良くないですが、T300RSを買うほどではないけど本格的に楽しみたい方にはおすすめの機種です。

Logicool Driving Force GT(とにかく安く)

こちらはメルカリで5,000円前後。かなり古い機種ですが、とにかく安く始めたい方にはおすすめの機種です。クラッチペダルがないのは残念ですが、必要十分な機能が揃っています。


ヘッドフォン

スピーカーでもいいのですが、個人的にはヘッドフォン使用をおすすめします。自分の車の状態やライバルの車の位置を掴みやすいだけでなく、臨場感がアップします。


アセットコルサ

そして一番大事なソフト本体です。Steamで購入することができます。本体価格は約2,000円で、追加コンテンツを含んだUltimate Editionは約8,000円です。ポルシェ911 GT3やニュルブルクリンク北コースなどの人気車種・人気コースは追加コンテンツになるのでUltimate Editionを買ってしまったほうがお得でおすすめです。

また、Steamは年に数回の大型セールを実施しており、このタイミングで買うと最大90%オフになります。セールを利用すればUltimate Editionでも1,000円ほどで購入できます。


おわらサーキットMODと最新版のCustom Shaders Patch

デフォルトのアセットコルサにはおわらサーキットはないので、データが必要です。次のボタンをクリックして、専用ページからダウンロードをしてください。また、Content ManagerとCustom Shaders Patchの最新版のインストールが必要です。Content Managerのインストール後、画面上部の「SETTINGS」→「CUSTOM SHADERS PATCH」→画面左の「ABOUT & UPDATES」からCustom Shaders Patchの最新版をインストールできます。


インストール

必要なものが揃ったら、あとはインストールするだけです。やり方は簡単。先ほどダウンロードした「おわらサーキット」のファイルを解凍して、アセットコルサのインストールフォルダ(通常は「SteamLibrary」→「steamapps」→「common」→「assettocorsa」)内の「content」→「tracks」にコピーしてください。これで準備が完了です。

これでおわらサーキットを思う存分楽しめます。


うまく導入できない場合

Assetto Corsaに関する情報はネット上に多数ありますので、ほとんどの場合は丁寧な解説記事を読むことで解決します。それでも、どうしてもうまく導入できない場合は、ROUTE RIGHT MEDIAの公式Discordで質問してみましょう。Discordは、ゲーム界隈で最も利用されているコミュニティツールです。コミュニティ内には、誰でも気軽に投稿できる掲示板のようなものがあります。下のボタンを押してDiscordのアカウントを取得後、ROUTE EIGHT MEDIAの「質問」コーナーでご質問ください。


お店で遊ぶ

ここまで読んで「さっぱりわからん」となった方は、お店で遊ぶという方法もあります。北陸には西金沢駅前の「Pista」さんと富山市八尾の「MZK」さんがあります。どちらのお店にも高性能な「FANATEC」製のハンコンに加えて、車の動きを表現できる7軸シリンダ搭載のシステムが置いてあります。ハンドルだけでは伝わらない車の滑りなどを感じられて、よりリアルなドライブ体験ができます。